お父ちゃん日記

楽天市場

アザラシパパ

Author:アザラシパパ
岩手の田舎で暮らす、のんびりお父ちゃんの日記です。

お父ちゃん:メタボに悩むアザラシ似のお父さん
お母ちゃん:普段は優しいけど、怒ると怖いお母さん
長女:小学3年生のお姉ちゃん
長男:天国でみんなを見守るお兄ちゃん
次男:いたずら盛りのボクちゃん
次女:2月に産まれたばかりの赤ちゃん

--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/09/26(日) 23:50
日記

今日は気温は低いけど朝からいい天気で稲刈り日和。

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

朝ご飯を食べて準備をして、とりあえずお父ちゃんだけ自転車でババの家に出発。

ババの家に着いてみると、もう稲刈りは始まっていたので急いで着替えてお手伝い開始。

稲刈り自体はコンバインとトラックに乗る二人がいればOKなので、お父ちゃんがしたのは刈り終わったワラを立てる作業。

※実家では牛を飼っているので、その餌としてワラを使うので乾燥させる為に立てておく。

ワラを4本ずつ集めて上をゴムで縛って下を広げておくんだけど、膝と腰にくる…

上の妹夫婦と下の妹の4人で作業したんだけど、田んぼが一町田(100m×100m)と広いのでやってもやっても終わりが見えない。

娘も最初は4本ずつ集めるのを手伝っていたんだけど、すぐに飽きちゃってカエルを捕まえて遊んでいたよ。

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

2時間半ほど作業をして、疲れたな~と思っているとお母ちゃんがお昼を作って持ってきたのでお昼休憩。

一時間ほど休憩してから作業再開。

午後は息子もコンバインに乗せてもらいご満悦。

「たのしかったけど、こわかった」だって。

娘は宿題の日記をやっていて出てこない…

お父ちゃんは相変わらず、終りの見えないワラ立て。

しばらくやっていると、宿題の終わった娘がやってきてお手伝い開始。

よいしょ!
よいしょ! posted by (C)ヨシ

重かった~
重かった~ posted by (C)ヨシ

でも、すぐに飽きちゃっていとこと一緒に遊んでいたよ。

何話しているの?
何話しているの? posted by (C)ヨシ

そんな、終りの見えない作業も、薄暗くなってきた5時半頃にやっと終了。

しかし、今日は疲れたな。

明日は筋肉痛になってそうだよ。

スポンサーサイト
コメント:10 トラックバック:0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。